労働契約法第18条に規定される無期転換ルールをご存知でしょうか。

現在、在籍する契約社員やパートが、有期雇用契約を反復継続し通算5年を超えた場合、該当する従業員の申し出があれば、無期雇用契約に転換しなければなりません。


無期転換ルールとは(厚生労働省HPより抜粋)

無期転換ルールは、同一の企業との間で、有期労働契約が5年を超えて反復更新された場合、有期契約労働者(契約社員、パート)からの申込みにより、期間の定めのない労働契約(無期労働契約)に転換されるルールのことです。
契約期間が1年の場合、5回目の更新後の1年間に、契約期間が3年の場合、1回目の更新後の3年間に無期転換の申込権が発生します。有期契約労働者が企業に対して無期転換の申込みをした場合、無期労働契約が成立します(企業は断ることができません)。

詳細は、厚生労働省HP有期契約労働者の無期転換ポータルサイトをご参照ください。


無期転換ルールによる企業への影響

従来、契約社員・パートは、雇用期間の定めがある有期雇用契約でしたので、契約更新時に勤務成績・勤務態度・業務量・企業経営状況等をもとに、再契約をするか判断していました。

今後、契約社員・パートには、有期契約労働者と無期契約労働者が存在することになります。
(有期契約社員/有期契約パート/無期契約社員/無期契約パート)

正社員、無期雇用契約の契約社員・パート、有期雇用契約の契約社員・パート、それぞれの労働条件(業務内容、役割、責任)を整理し、就業規則や雇用契約書(労働条件通知書)に明示しておく必要があります。

以上