IoTやAIによる第4次産業革命、急激な少子高齢化によって、企業の事業環境は大きく変化しています。

付加価値の源泉が、「資本」から「人材」へと変化し、人材の違いが企業競争力を左右する時代となりました。

企業には、付加価値創造の担い手である人材を育て、活かす仕組みが必要であり、その仕組みが人材戦略です。

人材戦略の目的は、従業員が自ら考え、行動し、成果を出せる、自律的な従業員や組織を作ることにあります。

自律的人材を育てるために、企業には、従業員や顧客と共有できる新たな価値観の創造が必要になっています。