中小企業は、資金力、組織力、労働力、教育体制などにおいて、大手企業には敵いません。

大手企業と同じ従業員の管理方法、制度・施策の導入は、企業の競争力を阻害する原因となります。

中小企業は、経営者と従業員が自由に話し合える関係性が、強い共同体(職場・現場)を作っています。

経営者と従業員が自由に話し合える関係性こそ、中小企業の最大の武器です。

大手企業と比べても、収益性が高い優良中小企業は、次のような特長・強みがあります。


経営者の特長・強み


■即断即決・臨機応変(リーダーシップ)

■わかりやすい経営理念・経営目標(信念・価値観)

■従業員との一体感(従業員を大事にする企業風土)


従業員の特長・強み


■経営者と共にやりがいを共有(信念・価値観の共有)

■良好な人間関係(仲間と助け合う企業風土)

■幅広い仕事を経験(権限移譲)

■地元意識(顧客との親近感)


市場(顧客)の特長・強み


■顧客対応の早さ(機動性)

■小口受注対応(柔軟性)

■地域密着(ニッチ市場に特化)

■サービスの充実(アフターフォロー)


経営者のリーダーシップと良好な人間関係が、新しい商品の価値を生み出し、

地域に密着した市場(顧客)で認められ、高い収益を実現しています。

優良中小企業とは、地元で新しい雇用を創り出す企業であり、

地元に貢献できる人材を育て、活かすことができる企業ではないでしょうか。

優良中小企業とは、経営者、従業員、顧客にとって、地元で誇れる企業であるといえます。